に投稿 コメントを残す

大アルカナ9隠者~内省ここに極まれり

scuba diver under water

このカードの持つエネルギーと、カード本来の意味

さて今回のカード隠者ですが、どういうイメージがありますか?

洞窟にこもって、一人修行をするというようなイメージでしょうか?まさにそのイメージ通りなんですが、これはずっと探す、そしてそこから抜け出せない、そればかりをひたすら考える・固執するという意味になります。

一言で言うと、『内省』です。私はストレングスファインダーでこの内省が1位に来るので、まさに私のカード。但し、実際の行動に移さないかというと、そんなこともありません。固執するのですが、行動することにこだわる場合も有るからです。

そんなカードの特徴は、自分自身の考えに集中してしまうので、その他のことが見えなくなる。それも長い間。さらに、何をするにも自分自身の考えを追求することに重きを置く。そのため、それ以外のことに興味を持つことがありません。さらにその上、自分がそこにはまり込んでいること自体、多くの場合はあまり意識していません。

大アルカナ・小アルカナセットで読み解く時の例ー場所によるリーディングの仕方

では小アルカナとセットではどんな風に読むのでしょう?

これは一緒に出る小アルカナが、ポジティブなカードであれ、ネガティブなカードであれ、一緒です。そして、その結果がどうなるかは分かりません。ただその考えから抜けられなくなると言うだけなのです。

例えば行動を表すワンドのカードと一緒だったら?ワンドのエースの場合はどうでしょう?

行動と内省、一見相反するエネルギーのように感じられます。ですが、先にも書いたとおり、行動することに固執すると言う意味にも取れるのです。または、実際の行動というよりは内省自身が新しいエネルギーを生み出すという意味にも取れます。。

今度はネガティブに取れるカードではどうなるでしょうか?例えばソードの5では?ソードの5は葛藤するという意味でしたね。その場合は、すんなり進みそうな時でも、葛藤するような内容がないかどうか、探し続けてしまうということになります。考えなくても良いところで、こだわってしまうんですね。

あっさり行動に移すことなく自分の内へ内へと入り、深い深い内省の海にハマり込むのです。

ちなみにこれは乙女座の守護カード。占星術で言えばハウスの6、日常・生活・健康や仕事というところを司ります。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ8力~強みでもあり弱みでもあり

このストレングスというカード、絵柄としては何かしら強い動物(一般にはライオンやクマなど)と、美しい女性という組み合わせが多いようです。

このカードの意味は、強さと弱さ両方の面を合わせ持つということ。

強みはそのまま弱みにもなるのです。心の支えとするところは、それが足枷にもなりうるのです。

恐れを克服し、それを強さとする。ただし、それがなくなったわけではないので、弱さも内包することになります。

例えば、人間関係でいえば誰か愛している人がいる場合、自分に力を与えてくれますが弱みともなります。やはりどちらかだけというのは存在しないのでしょう。

ではセットで読むときは、どうなるでしょう?

例えば、ワンドの4と一緒の場合には、その安定感が強さともなりますし、変化を恐れるという弱さにもなるのです。

またコートカードと一緒に出た場合はどうでしょうか?人物を表すようであれば、自分に力を与えてくれる反面、その人に嫌われるのが嫌だ、などという思いから、自分の行動を制限してしまうと考えられます。

人によってそのポイントが変わるけれど、強さも弱さも、両方持っているのは、普通の状態なのです。

ちなみにこれは獅子座の守護カード。占星術で言えばハウスの5自己実現に関するカードです。

自分の中の恐れを克服し自己実現につなげていくそんな課題のカードです。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ4皇帝~人任せに出来ない性格

white dog in crown sitting on brown armchair

このカードは、皇帝という名前の通り、自分がボスであり、自分が全てを決めるカードです。

このカードの一番の特徴は、自分がボスで、自分が頑張るということ。決して人任せにはしません。角度を変えてみると、人を信用できないでいる状態ということ。

そして、自分自身をコントロールし、新しいことを始めるのは得意としています。

常にきっちりコントロールしすごく厳しいカードです。さして、その厳しさは人に向かうのではなく、自分ががんばるカードです。

コントロールできない状態というのが、すごく苦手なカードなのです。

それは、計画通りに事を運びたいという思いにも通じます。行き当たりばったりというのは苦手ですし、計画を変えなければいけないということさえも、ストレスを感じます。

ですから、何か始める時には必ずといって良いほど、一緒にプランもたてることになります。

例え、うまくいってる時でも、常に計画は立てるんですね。

順調に進んでる時には、気分もいいでしょうし、新しいこともどんどん進みます。ただし、限界を超えても頑張ってしまったり、時には厳しすぎたり、さらには自分の能力を超えてコントロールしようとして、かえって大変なことになったりと、全て労力を要します。

このカードが出るときは、過剰にコントロールしようとしていないか、自分だけが頑張り過ぎていないか注意が必要です。

ちなみに占星術ではハウスの1自分自身を表します。牡羊座の守護カード、そしてエレメント的には火を表します。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ15悪魔~執着ーだってどうしても欲しいんだもの

さてさて、以前恋人を解説したけれど、今回は、悪魔の説明をしたいと思います。

悪魔と聞くと、みんなすごく嫌がるんですが、これもまたネガティブな意味ばかりではありません。

そもそもが、大アルカナですので、たくさんの意味を内包しているものが多いのです。

デビル、悪魔というのは、一言で言うと『執着』という言葉に尽きます。

こういうと、簡単に終わってしまうんですが、これを場合によって解説してみます。

例えば、今まで自分がやっていたことに関しては、『ここまでやったんだから』という気持ち。

愛情関係、人間関係にしても、『執着』です。

『私が、こんなにしているのに』という気持ち。

そしてその執着は、自分にも相手にも、とても負担をかけます。

更に言うなら、ほとんどの人間関係というのはデビルで表されるのです。

大アルカナ6の『恋人』の無垢な愛情に対して、『見返りつきの愛情』となります。

そもそもこれでは、愛情とは呼べないかもしれないですね。

そして、『執着』の対象は人間ばかりではありません。『本当にやりたいこと』という事象に対すること。また、『本当に欲しいもの』という、物に対することを表すこともあるのです。

自分が、本当にやりたいことであれば、他の何をおいても優先させますし、絶対に手離さないです。皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか?

またそれとは別に、悪魔単体での意味で、『性的魅力』というものもあるのです。

ですから、恋人関係でこのカードが出るということは、場合にもよりますが、必ずしも悪いこととは限りません。

良くも悪くも、こだわりのカード。そしてそのこだわりのために、負担をかけるカードです。

ちなみに、この悪魔はやぎ座の守護カード。占星術ではハウスは10。社会との関わり、人生観を表します。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ17星~だったらいいな~

cropland duiring night time

こうだったらいいな。

星のカード というのは軽い希望をあらします。希望ホープですね、とても軽いので、感覚としては”できたら ラッキー”ぐらいの感じです。

実際にどうしても実現するというよりは、ただ頭の中でぼんやりと考え、「こういうふうにできたらいいな」ぐらいの希望です。ですから、それを思い浮かべることによって、苦しくなるなどということはありません。

ただ苦しくなるといえば、このスターというカードは、別名 ヘルス カードとも呼ばれています。ヘルスカードつまり、健康に関するカードですね。まあ”希望”や”不安”は、自分の体にいろいろな作用を及ぼしますので、ある意味もっともだとも言えるでしょう。

ネガティブなカードと一緒に出た時は、ちょっと体調に注意した方がいいかもしれません。例えばソードの5と一緒に出た時は、考えすぎに注意ですし、ワンドの9などと一緒に出た時は、忙しすぎるのかもしれません。

そんな調子で、自分の生活を見直すのに、とても良い機会をくれるカードです。

ちなみにこちらは水瓶座の守護カード。占星術のハウスは11になります。

ずばり、”希望と不安”を表す場所です。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ10運命の輪~チャンス!チャンス!チャンス!

young female astrologist predicting future with shining ball

運命の輪ホイール・オブ・フォーチュンですね。

この運命の輪というのは、何かが変わる潮目と表すことが多いです。これ単体で出ると、ラッキーの意味を持つことが多く、そのままチャンスをつかむと読むことが多いです。

ただ一緒に出てくるカードによって、意味も色々と違ってきます。

ポジティブなカードと一緒だと、”チャンスをつかんで○○になる”という風に読むことが多いでしょう。

例えば現在の位置に、ワンドのAと一緒に出た場合、”いつもチャンスをつかんで、それを新しいエネルギーとして前進していく”または”新しいエネルギーを得るチャンス”と読むこともあります。

またはカップの10と一緒に出れば、”チャンスがあれば幸せな家族、こころの豊かさなどがつかめる”となります。

一方、ネガティブなカードと一緒に出た場合には、”何かと言うとこうなりがち”という風に読むことが多いですね。例えば、ソードの9辺りと一緒に出た時には、”何かと言うと、心配しなくてもいいことが心配になって寝られない”であるとか、ペンタクルの5と一緒に出た場合には、”何かと言うと貧乏くじを引きがち”ということになります。

どちらのカードと一緒に出ても変化する瞬間や何かの変わり目を表すことが多いでしょう。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ13死神~違う違う、そうじゃない!

food wood light nature

この死神というカードは主に否定形に使われます。何かが終わる、若しくは未達状態、まだその状態には程遠いということを表します。

一般にこの死神というカード、出るとみんな嫌がるものではあるのですが、カード単体で見ても、見かけほど悪いカードではありません。

なぜなら、物事の終わり、そして再生するという、サイクルの変わり目のことを表すのですから。

再生してより強くなり、遠くへ羽ばたくために、一旦何かを終わらせるというのは、普段の生活でもよくあることです。加えて、変化変容なども表します。

ウェイト版以外のカードでよくあるのは、死神自体を書かずに、さなぎが蝶になる瞬間や不死鳥を描くと言う方法です。生まれ変わりに焦点をあてるのですね。

また、大アルカナ小アルカナをセットで読み解く場合、否定形として使うことが多いので、どちらかと言うとネガティブに捉えられるカードと一緒に出ると、この辛い状態が終わるということになり、少しホッとできる瞬間でもあります。

一緒に出るカードが、流れを伴うカードの場合、その出来事の終わりという風に読み解けます。いずれにしろ、良い悪いでは無く、単なる現象としての終わりや未だの状態を示すのです。

人生には不可欠な状況ですし、状態の変化として捉えます。

ちなみに、この死神というカードは、蠍座の守護カード。
そして占星術で表すのはハウスの8、サイキック・不思議なこと・終わるべきことを表します。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ18月~将来が不安で不安で・・

super moon over snowcapped mountain

このカードの持つエネルギーと、カード本来の意味

これは将来が心配で心配で仕方がないというカードです。不安が止められないんですね。理屈では無く感情で不安が止まらないんです。何をしても不安。何かの根拠があるわけではないので、その不安が拭えないでいます。

大アルカナ・小アルカナセットで読み解く時の例ー場所によるリーディングの仕方

ではこれが小アルカナとセットになった場合はどう読むんでしょう?

例えば、ワンドの6と一緒だったらどうでしょう?ワンドの6は勝って当然、勝ち続けると言う意味。それが一緒に出ているのです。そうすると、将来が不安で仕方が無いから、ひたすら勝ち続ける必要がある。または、どんなに勝っていても、不安は消えないとなります。

ではペンタクルの4と一緒ならどうでしょう?将来が不安な余りに、持っているモノを手放すことが出来ないで居る状態ですね。ペンタクルの4単体でも、不安で手放せないと言う状態ですが、月と一緒だと更にその状態に拍車が掛かります。どんなに抱え込もうとも、不安な気持ちは消えないのです。

ちなみに、この月というカードはうお座の守護カード。占星術言うと、ハウスは12。そして魚座なので”見えない世界”のことを表します。足を引っ張っていることも表します。

そもそも月というのは、古来からその形を変えるが故に、”不安定なもの”そして”不実なもの”という意味があります。ゆらゆらと自分の姿を変え、安定している状態とは言い難いですね。うお座と言うのも二面性がありますし、移ろいやすい星座でも有りますので、このカードが守護カードと言うのもある意味うなずけます。そして、やはり守護カードともなれば、悪いばかりではありません。自在に姿を変え、また見る者の姿を映し出す月、それもまた人生の真実なのです。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ6恋人~あなたが見てるのは私、私が見てるのは?

man and woman boat rowing in sea during golden hour

ウェイトスミス版の恋人のカードを見てみると、男性は女性を見つめている。では女性は?女性も相手の男性を見つめているんだろうか?否。視線は上に外れている。どうやら頭上の天使を見ているようだ。

じゃあ、この天使は何を意味するんだろう。それは自分自身の心と言われている。

なぜ相談者を女性とみているかはさておいて、相手を通して自分自身を見る。と言うことになる。

そこから派生して、”本当の自分を知る。”や、”自分であるための選択”であったり、単に”自分自身”を表したりする。

すると、小アルカナとセットで読むときにはどうなるだろう?

例えば、”自分自身であるために~で無ければならない”や、”本当の自分とは~である”となる。

また別の角度から見てみると、この恋人のカードは、大アルカナ15の悪魔と構図が一緒だ。一緒と言うことは、似ているか、対極を成すかのどちらかである。そう対極をなすのだ。

ではその違いとは?このカード恋人は”無償の愛・純粋な愛”を表す。生まれたままの自分。生まれたままの愛。条件などなにも無い愛。

では悪魔はなんだろう?それは見返りを求める愛、執着。そもそも、それが愛なのかどうかはともかく。

大アルカナ悪魔の意味はまた別の機会に譲ることにする。今回はここまで。

に投稿 コメントを残す

大アルカナ21世界~いつだって最後には

person holding world globe facing mountain

今日は大アルカナ21世界について解説します。

このカードの持つエネルギーと、カード本来の意味

これ単体の意味では、「大団円を迎える。」「いつも最終的には○○となる」となります。

このカードは、大アルカナカード22枚あるうちの、最終カードですので、人生のステージの最終段階を表します。では22枚目のカード、「世界」で全てが終わるのかと言うと、決してそうではありません。

人生は螺旋階段のようなものと良く言われます。一歩ずつ階段を上っていき、一つ段階が上がったら、また同じような事を繰り返しながら階段を上がっていくのです。そうしてまた一つステージが上がるのです。

ステージが上がってからも、また同じようなことを繰り返すということは、21の世界で最終局面を迎えステージが上がっても、0の愚者から始まって、また一歩ずつ階段を上っていくのです。ですからこの世界というカードは、ステージが上がる直前の状態を表しているのです。

大アルカナ・小アルカナセットで読み解く時の例ー場所によるリーディングの仕方

では大アルカナ・小アルカナセットで読む時にはどのような読み方をすると思いますか?

実はこれは割と簡単なのです。「すべて」「いつも」と読めば良いのです。ポジティブなカードと一緒にでても、ネガティブなカードと一緒に出てもです。

少し例を挙げてみましょう。例えば、ワンドの5と一緒に出た場合、「いつも全て何か争いごとになる」「いつも競争し続けている」ということになります。

ではこれがカップのエースと一緒に出たらどうでしょう?

「いつも新しい人生」またはカップのAは「赤ちゃんカード」でもありますから、「全てが赤ちゃんに繋がる」などという風に読めます。

ではコートカードと一緒に出たらどうなりますか?例えばカップのページはどうでしょう。

カップのペイジ単体では、「ワクワクすること」「いつも人を楽しませたい」というエネルギーです。これと世界のエネルギー、「全て」「いつも」と一緒に考えてみると、「いつもいつもワクワクすることが全て」「いつでも恋していたい。」「結局はいつも夢見ることが全て」という状態を表します。地に足がついてない感じですね。

このカードと一緒に出るときは、ポジティブでもネガティブでも、”結局””最終的には”「いつもそうなる」というエネルギーになります。今回はここまでです。