に投稿 コメントを残す

ペンタクルの10という縛り


このカードを見るといつも思う。3世代 なんだろうけれども、このお爺とお婆はどっち側なんだろう?夫側か妻側か。

そもそものこのウェイト版が出た時の事を考えると、家族というのは配偶者のみや、配偶者と子供というくくりではなくて、3世代、もっと多ければさらに上の世代までひとつの家族として考えられていた時代だった。

そして、ペンタクルの10といえば、一般的には良家、家柄の良いお家なども表す。その他にも、ペンタクルなので実際の成果物をも意味する。9であれば一人で生み出すもの。ただ10となると、人も巻き込んで生み出すものという意味も持つ。

そして、大概はとても明るい安定した意味で出てくることが多い。

先日展開したカードの中で、相談者さんとそのお姑さんのお仕事のリーディングがあった。その最終的なアウトカム(ほぼ 6ヶ月後)に、隠者とこのペンタクルの10が出た。

隠者というのは、ずっとそれを探し求める、追求していくということを表す。

そのお姑さんから請け負った仕事というのが、ほぼ半年後には終わる予定のものであった。スッキリ終われば、次回はもうないというはずのもの。お姑さんからは続投を望まれていたけれど。

だが ここにきて最終アウトカムで隠者とペンタクルの10が出た。ずっと、このペンタクルの10というものを、探し続けるという結果になってしまったのだ。

このペンタクルの10というのはカード自体、成果として実りのあるものであるし、よいイメージを持つカードではある。しかし、隠者と一緒に出ると、終わるはずの日になっても、相変わらず隠者で探し求めなければいけないということになる。

やはり義理の関係だから、気も使い、本当は断りたいのに断れきれずに、なんだか理想の、良いお家を築くために、ずっとその落とし所を探している。そんな状態に思えてならなかった。

そんな彼女へのアドバイスとして、大アルカナを何かに置き換えて考えるとしたら、イメージ的に何が良いか聞いたところ、彼女は女帝を選んだ。

大アルカナ女帝、家庭内でのことを表す。義理の間柄も確かに大事だけれども、それでご主人との間がギクシャクするのは本末転倒。

現代のペンタクルの10というものが表す良いお家というのは、世代間でのしがらみを断ち切って、自分の配偶者なりを優先させる、という選択肢も有りなのではないか?そう思えるリーディングだった。

に投稿 コメントを残す

“ソードのキング” 昔の男

以前どこかで言ったかもしれないが、コートカード(人物カード)が出てきた時は、この人はいったい何を言いたいのかということを考えると分かりやすい。

タロットカードは、大アルカナと小アルカナという分け方をするけれど、もう一つ 小アルカナの中にも、数字のカード(ピップカード)と、人物カード(コートカード)に分けられる。

大アルカナも小アルカナの数字のカードも、慣れてしまえば比較的読みやすい。
けれどもこの人物カード というやつはなかなかの難敵だ。

タロット やり始めの時には、この人物カードは読み解けなかった。
勿論簡単に読み解ける事もある。ロマンスを求めてるときにカップのナイトなんかが出ると、ロマンティックな予感がしてうれしくなるし、新しいことを始めようとしているときに、ワンドのクイーンなんかが出ると、やる気と現実的な力を感じて、未来に期待できる。
ただ、そうでない場合もあり、いやむしろそちらの方が多かったりする。
今でもこの人物カードには悩まされることが多くあるけれども、一つのポイントがある。

単純な意味としては、数字のカードと被ることも結構ある。
ではなぜ数字のカードではないんだろう?

それは、人物カードでなければ行けない理由がなにかしらあるから。
そう考えると少しは読み解きやすくなる。

その人物カードが表す人、もしくは 性格などを考えて、一体あなたは何が言いたいのかカードにちょっと問いかけてみる。そうすると、ご機嫌次第では何かしらの情報をくれる。

というわけで今回は ソードのキング。

ソードは時系列から言うと過去。
頭で考える思考。
キング なので、ある程度以上の年齢の男性。

その辺りを見ると、ズバリ昔の男。

昔、自分に関わりのあった男性全般、または父親を表していたりする。
勿論性格でその人物を示唆していたりすることもある。その場合、冷静で思考優位の男性を表していることが多い。感情に流されず、少々理屈っぽいが、ある程度のスピード感をもって、仕事をしていく 男性。

これを聞いて誰か思い浮かびました?ま、そんな感じの人です。
そんな人が、その時のリーディングの出来事に関わっている。

こんな風に順番に読み解いていくと、ある時いきなり、なんとなく分かってくる。
「なにか言いたいことがあって出てきたんだな。」

”ただただ受け取って、そのまま伝える。”

タロットリーディングに必要なこのフラットな読み解き方の練習に、コートカードは最適かもしれないですね。
私もようやくこの頃、この読み解き方に馴染んできました。皆さんも試してみてね。

に投稿 コメントを残す

『道は開ける』・・はず

呼んだはずだと思っていて、実はちゃんと読んでいなかったとか、読めていなかったという本ありません?

私にとって、D・カーネギーの『道は開ける』『人を動かす』の2冊がそうでした。

20代の頃に読んだと思っていたのですが、どうも Amazon の書評を読んでみると、記憶にない。
これはもしや 呼んでいないのではと、思い当たって急遽 読んでみることにしました。
そして、目からウロコがボロボロ。
ここ1、2年で少しずつ学んでいることや、少しずつ気が付いて修正していることが、まるまるこの中に書かれているではないですか。

色々な本を読み漁ったり、サイトを読んだりするよりも、これ一冊読めば十分用が足りるというものです。

で、今回は、2冊のうちの一冊、『 道は開ける』の方です。

まだ途中までなんですが、これは世の中の悩み事に関しての本。
未来を思いわずらうのが、一番この先の人生においてよろしくない。意味もないことなのでそれを止め、過去を後悔することも意味のないこと。という内容をいくつも例を挙げ、諄々と説いてくれています。

これは『未来の計画を立てるな』とか、『反省するな』と言っているわけではないです。
ただ未来の心配をしていると、それによって体調も悪くなり、先々の人生何の得もない。ということを言っています。

そして過去の恨みも、流してしまうことが肝要だ、と言っています。
過去の恨みを忘れて自分に害をなした人と仲良くしろと、言ってるのではないです。そんなことに関わり合っているほど人生は長くはないし、その記憶を何度も何度も思い返すと、その時間は結局は幸せではないのだと、説いています。


人生は短いのです。人を恨みに思っている時間があるのなら、時間を自分の幸せのために使う、それが幸せになる秘訣だと。
結局誰かを恨んでいる時間というのは、その恨んでいる人の為に、自分の人生の時間を使っているのと同じこと。

今まで私は、頭でそのことは分かっていましたが、本当に腑に落ちていたかと言うと怪しいものでした。
きっと折に触れ、気がつくたびにこのことを何度も何度も、自分に言い聞かせなければならないのでしょう。この本は常に側に置いて、機会あるごとに読み返し、自分の血となり肉となるまで何回も繰り返す必要があるのだ思います。

https://amzn.to/3THH5Zv

に投稿 コメントを残す

大アルカナ16 タワー(塔)

大アルカナの16塔タワーと言えば、78枚あるカードの中でも一ニを争う破壊力を持つ。

普通のタロット鑑定では控えめに言っても「少々散らかりますね。」と言われるカード。カード自体に重大に意味を持たせる鑑定師さんだったら、「人生を揺るがすような、とてつもないことが起こりますよ。」なんて言われかねない。そんなわけで、このカードが出ると『いやーー!』という人も多い。

私も以前はそうでした。いかに結果じゃ無くて、対策に重きを置くと言われても(自分でそう言っていても)、この絵柄を見れば、心臓はバクバクするし、お先真っ暗な気分になってしまう。
でもね、悪いことばかりを表すんじゃないんですよ。
だからそのことに気がつくと、ちょっとましな気分になります。

意味としては、「理想が高すぎてうまくいかない」もしくは「足元が固まっていないために崩れてしまう」というのが基本になります。自分の思いが強すぎて、うまく行かないんですね。

そしてさらに私が鑑定をする中で、このカードには一つの特徴があるんです。リーディングの内容というよりは相談者さんについての特徴です。

タワーがよく出るなという 相談者さんはズバリ、『女性で』『自分で何かをやっている人(起業している人)』が多いなと。

そういう人は、『私 このカード よく出るの』『この間も出たよ。』という方が何人もいらっしゃる。かくいう私もその一人。結構出ます(笑)

でも何で出るんだろう?

自分で何かをやっている人に関しては、自分で何かをするとやっぱり、価値観や生活がガラリと変わることも多いので、その辺りの、『今まで常識としていたところがガラガラと崩れ落ちるタワー』というのが出てくるんじゃないかなと思うんです。

ただ男性の場合はあまりその辺りが特徴的に出ない。
なぜか?女性の場合、小さい頃から自分で何かを成し遂げるというよりは、人の補佐に回るということが多いためではないかと思います。

自分で何かを始めるためには、今までの価値観の大幅な書き換えが必要になってるんじゃないか。
またチャレンジすると、そのぶん当たって砕け散ることも多いため、生まれ変わりを表す死神よりも、ガラガラと砕け散って、そこからまたもう一度立て直すというタワーの方がイメージに合うのかもしれません。

いずれにしろ、自分の好きなように、美しく、自分の気に入ったデザインの塔を建てるためには、今とりあえず立っている、なんだかイマイチ気に入らない塔を、一度壊すのが手っ取り早いですよね。

ですから、自分で何かをやろうと決めた時から、徐々に壊して、自分好みに立て替えるのがソフトランディングのコツです。

でも、いつもいつもそんなに上手く行くわけではありません。
なので、自分で何かをやろうと思っている人にこのカードが出たら、あまり気に病まないようにと伝えています。きっとそれだけ思いも強いのでしょう。

注意すべき点としては、あまりに理想ばかり求めて、完璧主義に陥っていないか?または、足元が固まっていないのに、焦りすぎていないか?ということです。
いずれにしても 自分で納得して住み心地の良いタワーを建てたいものですね。

『禍福はあざなえる縄のごとし』たまに散らかるのもまた人生ですものね。

に投稿 コメントを残す

海外発送~荷物が届かない😱

個人輸入をしていると色々日本とは勝手が違うので戸惑うこともたくさんあります。
基本的に使うのは 英語だし、日本国内での”ゆっくり”というレベルは海外では ”とても早く”に相当する。
荷物を発送しましたというお知らせは、発送するための伝票を作りましたに等しかったりするし、
印刷物は予定通りには絶対に出来上がらず、遅れるのがデフォルト。
商品の箱の角が潰れているのは、勿論ノープロブレムである。

ただ、そんな発送物も、日本国内に入ってきてからは違う、これまでは。

税関は大概一日で通るし、税関からリリースされた荷物は、その日の夜中日本全国大会の場所に運ばれる。そして、税関を通った次の日には手元に届く事が大半。日本の物流の素晴らしさ。感謝しかない。

で、UPSである。
UPS は民間の配達業者。ここの荷物が届かない。連絡が来ない。何度webで見ても、倉庫に保管中。
実に日本に着いてから未だ 2週間、動きがない。

実は日本に着いてから一週間たった頃に連絡をした。答えは『何か不備があったら、こちらから連絡します。そうでなければ処理中です。』とのことだった。
一度は引き下がったが、さらに一週間そのままの状態。いくらなんでも遅すぎる!!

もう一度連絡した。今回は発送者の方からも連絡してもらった。そうしたら『メールアドレスと連絡先が知りたいようなので、教えてもらえますか?私から伝えておきます』とのことだった。

いや、一週間前にメアドと連絡先は 直接 UPS に教えてるんですけど。事ここに至って、疑いの気持ちがムクムクと湧いてきた。

UPSを検索してみると、一番上に予測変換で、『UPS 届かない』と出てくるではないですか。

そこには1日家にいたのに、不在票だけが入っていたとか、いつのまにか3回配達されたことになっていたとか(3回配達されて届かなければ、送り返される)、出てくるわ出てくるわ。

ここまでいい加減だと、『私の荷物は本当に日本国内にあるんだろうか?』とまで思えてくる。

もう1度 日本国内の問い合わせに電話をしてみるすると、『内容物の確認が必要です。中身の写真を送ってもらえないですか?』じゃあ何で依頼しなかったんですか?初めての通関の時に。

疑いの気分マックスに!もう何一つ 信用できない!!!でどうしたか。大阪税関相談室に連絡です。

荷物が付いてるかどうか、まず確認したい。どこにあるかも確認したいといったところ、一応日本に着いてました。

自分で聞いておいて言うのもなんですが、税関でもちゃんと調べがつくんですね。一度でも税関に提出された時点で、輸入貨物ということで別の番号が振られるらしいです。勉強になります。

でさらにそこで驚きのアドバイスが!

『急ぎなら、ずっと待っていないで、UPS の方に催促してください』

別にそこまで 急いでないんですよ。発送から1、2週間かかるのは分かっているので。ただ あまりにも遅いんじゃないかと。
そう言うと『黙っていると、後回しにしても大丈夫と思われて、どんどん後ろに回されてしまうんですよ。特に、UPS さんは忙しいらしいのでね。』と言われました。

いやいや、税関職員にそこまで言われるってどうなんですかね?『だから急いでいるということを度々言ってください。』とアドバイスいただきました。

なんか、遅いって有名なんですね。。
で荷物はどうかというと、日本に着いてから2週間と3日経ちますが、未だ届いていません。今日すぐ発出されたとしても、届くのはさらに3日後です。

同じ金額を払っていても、主張しなければ 後回しにされる。そんなところには二度と頼みたくないです。
特別扱いしろって言ってるんじゃないんですよ。ただ、順番にちゃんと処理して欲しいんです。

黙っていても、早く確実に綺麗な状態で荷物が届く事を、当たり前と思える、日本の配送業者の働きに感謝感謝感謝です。

で、今回のまとめ
1.海外の配送業者の場合、評判をチェックしましょう。評判が芳しくなければ、以下の行動が必要かもしれません。
2.荷物の番号がわかったら、追跡して、スクリーンショットなどで、保存しておきましょう。(内容が変えられることが有ります)
3.問い合わせをした時に、問題があったら、こちらから知らせる。という言葉を鵜呑みにしてはいけません。知らせてもらえるまで、とても時間がかかります。必ず時間を区切って、連絡をもらいましょう。(例えば今日中など)
4.通関にまわしたと言われたら、『輸入申告番号』を訊きましょう。これは税関の方でも教えてもらえます。
5.そして、忙しいだろうが私も急いでいるということを伝えて、丁寧にお願いしましょう。

以上です。

に投稿 コメントを残す

表示アドレスの変更方法

さて、 WordPress でのサイトづくりも佳境に入り、そろそろ本番環境のドメインに移そうかななどと思っている頃、一つ問題が生じた。

もともと テスト環境で作っていた時には、エックスサーバーから付与されているドメインの、サブフォルダにwordpress をインストールしていたんだけれども、やっぱり アドレスとして表示させるには、 サブフォルダは邪魔だから、表示用のアドレスとしては サブフォルダを省いた形で表示させたい。

で、これもやっぱり、 同じように思う人はいるもので、PHP ファイルの修正方法や、HTML ファイルを削除するといった知恵まで、詳しく書いてくれているサイトがあった。

やれ 有難や。結局その通りに設定して、無事に表示させることができた。ここまではいいんだけど、その後サイトの監視をし続けているJetpack注1が、サイトが落ちていると言い続けてうるさい。
いや 落ちてないし。

Jetpackを入れ直しても相変わらずうるさいし、全ての基本であるパソコンの再起動しても、もちろん何も変わらない。あまりに疲れていたのでいっそのことサブフォルダに入れるのは諦めるか、Jetpackそのものを停止してしまうか、ヘロヘロになりながら眠りについた。

次の日ふと、Web でトラブル時に試す 基本を忘れていたことを思い出した『キャッシュのクリア』。
結果、Jetpackからお知らせが届いた。

『おめでとうございます サイトが復活しました!』
やっぱり 基本が大事なんだなぁ。基本て?
『折れない心』である。

注1 JetpackとはWordpressのプラグインでサイトの保護から監視、投稿の手伝い、アップグレードすればバックアップまでやってくれるなんでも屋さんだ。

に投稿 コメントを残す

喫茶店のモーニング

家の近所にいくつか喫茶店がある。

その中で少し毛色の違う店がある。モーニングと喫茶のみの店である。つまり、ランチはやっていない。

営業時間が物語っている。朝8時から12時まで。昼休みの後、喫茶14時から17時で閉店。メニューはモーニングのセット(トーストとゆで卵)を除けば、飲み物とケーキのみ。店の中はこれ以上無いほど、スッキリしている。そして、有線で昭和歌謡がかかっている。

なのに、すごく爽やか。そうそうあともうひとつ、これが大事なポイントだった『禁煙』です。

マスターは元学校の先生。でも元先生にありがちな説教くささは欠片も無い。ひたすら感じがいい。どうしたらあんな風になれるのかしら(笑)

こんな感じで、ただでさえ長居必至なのに、『ゆっくりして下さいよ。』って言って下さるのです(笑)散歩にもなるし、懐かしのオフコース(小田和正ではない)が聴ける喫茶店。心を洗いにまた来ます。

に投稿 コメントを残す

内省とアウトプット

2022年10月3日 10:30

ストレングスファインダーって知ってます?私は、内省が1位で収集心と学習意欲が上位に入っています。こんな私に ありがちな状態というのは、『常に色々新しいことを知りたい』『学習すること自体が楽しみ』『そして一旦 それを自分の中に取り込んだら、ひたすら自分の中で、あーでもない、こーでもないとこねくり回す。』
となります。
つまりインプットがメインで、なかなかアウトプットにならないんですね。
これ、同じような悩みを持っている方、結構 いらっしゃると思うんです。
昔はなかなかアウトプットできないのが凄くコンプレックスで、アウトプットしなきゃ って言う焦りが常にありました。

でも苦手なものはしょうがないんです。無理やりやっても得意にはならないもの。

ストレングスファインダーの使い方でも言われてますもんね。『苦手な事を無理やりやって平均的にするよりも、得意なことで 苦手なことをカバーしよう』って。

で、思いついた方法が、『内省を小出しにする』です。
全て練り上げてから出すのではなく、その思考の過程まで小出しにしていくと、無事にアウトプットできます。
苦手な人は 試してみてね。

に投稿 コメントを残す

WixとWordPress

私の今のサイトは、Wordpressで出来ている。サイト引っ越しを考え始めてから、3週間程で引っ越せた。

遥か昔のテキストでファイルを書いていた記憶と、善意の皆の情報を頼りに。

ブログも移しているのだが、これはそのまま移すと意味がわからなくなる。でも、一応ね。

***********************************

私のサイトはWixで出来ている。

サイトを作ろうと思ったとき、なるべく手間を掛けず、兎に角仕上げたかったから。

Wixはパック旅行みたいなもので、必要なものはほぼ全て、一つにまとまっている。

で、運用(というほどでもないが、)し始めてから半年たって、ここから半年後の更新を前にして、引っ越しを考え始めた。

パック旅行では飽きたらず、個別の手配旅行らしきものに手を出したくなったのだ。

かといって、一から全て作るには時間も体力もないし、ここはWordpressかなぁ。

サイトを作ったとき『どうしてWordpressで作らなかったんですか?』って訊かれたことだし。

でも、Wordpressで作ろうとすると、ECサイトって、プラグイン入れるか、外部に飛ばさないといけないのね。対応してるテーマも限られてくるし。。

でも、私は収集心と学習欲の塊なので、きっと楽しめるはず(多分)

引っ越し目標は、1ヶ月後。するすると運びますように。

に投稿 コメントを残す

案内人は私、城達也

ジェットストリーム♪

城達也がお届けいたします・・・

ある年代以上の方には聞き覚えのあるセリフですよね。

余計なトークが一切なく、音質の綺麗なFM放送 と言う長所を見事に生かした番組でした。

機長は城達也から何人か変わっていますけれど、ジェットストリームといえば、城達也という方が多いんじゃないでしょうか。

先日、このジェットストリームで流れていた曲 100曲が、城達也のナレーションとともに入った商品が、売り出されてました。

そして 購入方法などの詳しい情報はなんと、『新聞の折り込みチラシを見てください。』という内容。

告知はテレビCM。

なんでもスマホ1台あれば、事足りるこの時代に、ジェットストリームの曲を聴くためだけに、こんな商品を買う人がいるのか?

でもいるんです。だから成り立ってる。

広告の打ち方を見ても、どの年代の、どんな人をターゲットにしているか、すごく分かりやすいですよね。

当たり前ですけれど、最先端のものだけが売れるわけじゃないんですよね。

なんか、”商品て自由に作れるのね”としみじみ思いました。