に投稿 コメントを残す

カップのキング~優柔不断な上に、すぐ機嫌悪くなるんだから~

clear blue shore

今日はカップのキングの解説をしたいと思います。

カップのキングは一言で言うと、カップのクイーンの男性版です。
でもそれだけじゃよくわからないですよね?

カップというのは、そもそも感情を表します。キングはある程度大人の男性。年齢から言うと、30代以降。

もし相談者さんが女性の場合、結婚されていれば、旦那様。お付き合いしていればそのお相手の男性のこと。

さて、このカップのキングの性格なんですが、まず感情に流され易いと言うことが挙げられます。機嫌が良い時には、優しくてとても思いやり深いのですが、一旦自分の状態が悪くなると、すぐに機嫌が悪くなります。あまり理性的ではないということですね。

ただ根が優しいので、ものすごく怒って手がつけられなくなるというよりは、一人静かに機嫌が悪くなると言うのが、当たっています。そんな男性誰しもあったことがありますよね?

そして優しさと表裏一体の優柔不断さで、自分でパシッと決めることがありません。何か聞くと「いいよ決めなよ」というワードが多くなります。

じゃあどんなときに機嫌が悪くなるのでしょう?それは、自分にかまってくれない時や、お腹が空いた程度でも容易に機嫌悪くすることができます。

よく言えば、自分に素直。悪く言えば子供です。

そんな男性と付き合う女性の方は、機嫌を取らねばならないことから、それが余りに頻繁だと、疲れてしまいます。『自分の機嫌は自分で取る』ということを覚えてもらいたいものです。

とまあどちらかというと、ネガティブなイメージがつきまとうカップのキングですが、根本にある優しさは本物です。

現在の状態や潜在意識に、このカップのキングが出た場合、優しいけれど少し気分にムラのある男性、もしくは心の奥底に繊細な部分を抱える男性との関わりがある事をカードが教えてくれています。

また、もし男性の相談者さんでこのカードが出る場合、少し自分の感情を自分でコントロールする、ということを学んだ方がいいのかもしれません。

いずれにしろ水の男です。感情がメインだということを押さえておけば、案外付き合いやすいのかもしれません

に投稿 コメントを残す

カップの7~本当に欲しいものってさ、結局手に入らないよね。

a close up shot of gems on sand

このカードの持つエネルギーと、カード本来の意味

このカップの7というカードは、本当に欲しいものを意味します。カップが7つあり、その中にいろいろなものが入っています。それはどれでも好きに選べるのです。中に入っているのは人であったり、宝石や、不動産、健康を表すものなどですが、ひとつのカップにだけ布がかぶさっています。実は本当に欲しいものは、この布がかぶさっているカップの中にあるものなのです。

ただこれは表からは見えません。これは何を表しているのかと言うと、「本当に欲しいものは見えない」そして「本当に欲しいものは、手に入らないと思っている。」ということなのです。

欲しいものがわからないのではなく、きっと手に入らないだろうから、見ないことにしていると言うのが、このカップの7の本質的なエネルギーなのです。

ではこのカップの7が、大アルカナと一緒に読むと、どのような意味になるでしょうか。

大アルカナ・小アルカナセットで読み解く時の例ー場所によるリーディングの仕方

例えば、17星のカードと一緒の時にはどうでしょう?星のカードは、こうだったらいいなという軽い希望です。本当に欲しいものが、手に入ったらいいなと軽く考えている状態ですね。

次に15悪魔と一緒に出たらどうでしょう?悪魔というのは、本当に欲しいものにこだわるというエネルギー。さあ、ここで「本当に欲しいもの」というキーワードが二重で出てきました。

本当に欲しいものは到底手に入らないだろうと思っていても、やはりそれに執着し、求めることが止められないでいる、という状態ですね。口に出して言わなくても、心の底で本当に欲しいものに、いつまでもこだわり続ける。絶対手に入れたいと思うあまり、自分にも負担がかかっている状態です。

このように、カップの7というのは、表面的には、本当に欲しいものを手に入れるという意味ですが、その底には「欲しいものはきっと手に入らない」と半分諦めているというのが潜んでいるのです。

に投稿 コメントを残す

カップの5~悲しくて仕方が無いの。

clear plastic cup on gray surface

このカードの持つエネルギーと、カード本来の意味

まずこのカードの本来の意味です。

それはズバリ”悲しみ”です。カップですので、感情での、本当の悲しみを表します。そして注目すべきはカップの内、三つは倒れて水が出てしまっているのですが、見ていないところで二つはまだカップが倒れずに残っています。

ところが、そちらには目を向けていません。これは、こぼれてしまった水を見て、ひたすら悲しく思う。まだ5分の2、大体半分ぐらい残ってるにも関わらず、そちらに気づいていない。もしくは気づいていたとしても、そこに焦点を当てていないということになります。

つまりは、実際に悲しいと思うような出来事はあったんでしょう。ですが、本人がどこに焦点を当てるかということで、悲しみの度合いが変わってくるということです。

大アルカナ・小アルカナセットで読み解く時の例ー場所によるリーディングの仕方

次に大アルカナとのセットで見てみましょう。

例えば、そうですね、大アルカナ1の魔術師とのセットではどうでしょう?

魔術師は、”何でもできる””自分次第で全てのことができる”というカードでしたね。ですから、セットとして読むと、悲しく思うか思わないかは、自分次第ということになりますね。

次に出る場所によって違うでしょうか?もし、現在の場所に出ていた場合、文字通りその意味になります。しかし、過去や未来の場所に出ていたら、変わるでしょうか?

過去の場合、”悲しく思うかどうかは自分次第だった”か、”自分でやったことが原因で悲しく思うことが起きた”と読めますね。

では未来の場合はどうでしょう?基本の意味は同じ事ですが、これから起きることですので、”何かことが起こりますが、それを悲しく思うかどうかは、自分次第”ということになります。容易に変更できること、と読めますね。

次に死神とのセットで見てみましょう?死神は否定形ですから、”この悲しみも終わる”になりますね。ではこれが未来の場所に出ていればどうなるでしょう?

死神というのは、”そこに至るには遠い”もしくは”そうではない”ということになるのですから、同じように”悲しむことはない”もしくは”今辛い思いをしているのであればその悲しみが終わる”または”気持ちの部分で切り替えができて、悲しむことを止めにできる”と読むことができます。

いずれにしろ、カップというのは感情を表します。つまり、自分の心持ち次第で、いくらでも感じ方を変えることはできるわけです。事実である出来事なのか、それともただそう感じているだけなのか分けて考えることができれば、自ずとカップの5の状態から抜け出せるようになるはずです。

に投稿 コメントを残す

4者4様ペイジの姿~カップ編

close up of tarot cards on a table

さてさて3人目のペイジは誰だろう?ソード・ワンドと続いたので、次はカップだろうか。

カップは水の属性、感情を司る。カップのペイジの意味は、わくわくしたいという性格、好奇心旺盛で少し独特なファッションセンスの持ち主を意味する。とてもお洒落さんである。

わくわくしていたいという気持ちの持ち主ということで、じゃあこれはワンドのペイジの何かをしたいという情熱とどこが違うんだろう?

ワンドの場合、行動が伴って何かをする創造的エネルギーを意味する。カップの場合は、何かをするしないは関係なく、”ただ楽しいことをしたい”、”いいことがあったらいいな”というエネルギーになる。

だから自分で行動しなくて構わないのだ。例えば周りで楽しいことがあって、自分も一緒に楽しくなれれば、それでいいし、受け身の状態で一向に構わないのだ。

未来に対して期待がなくても、今がワクワク楽しければそれで満足なのである。カップが示すところは現在であり、感情であるのだから。

ただし、未来を放棄して、刹那的であるのかと言うとそうではなく、ただ今現在をとても大事にするということだ。未来のために現在を我慢することもしないし、過去の苦い思い出で、今日の楽しいことを否定する訳でもない。

今ただここに生きる。

ペイジは子供であるがゆえに、素直にそれを行うことができるのである。そして子供だから感じるのは、自分の感情のみ。他人の感情に気づくことはない。

でもそれでいいのである。所詮他人の感情に振り回されたとしても、それによって他人が満足することはほとんどないのだから。